神戸新聞一覧

2017/07/05

やってみたいこと 周囲に相談し実現目指そう

 あなたがやってみたいことは何ですか?やろうと思えば自分でできそうなことですか?それとも、ちょっと難しそうですか?

 高齢になり体の無理がきかなくなってくると、「転んでしまうのではないか」「他人に迷惑をかけるのでは」と不安に感じ、やりたいことをあきらめてしまいがちです。そんな人でも、福祉用具や介護サービスなどを利用すれば、やりたいことに挑戦できることもあるのです。

 先日訪問した80代の男性は、自宅近くにある海へ行き、そこで釣りをするのが楽しみでした。ところがある日、転倒したのがきっかけで恐怖心が芽生え、ほとんど外出しなくなりました。でも釣りをしたいという思いは募るばかり。そこで男性はケアマネジャーに相談しました。

 その結果、介護保険で歩行器をレンタルし、ヘルパーの付き添いで海まで一緒に歩く機会を設けることに。この男性の場合、足腰が弱っていても、歩行器があればしっかりと歩けました。外出を繰り返すうちに徐々に自信を取り戻し、今ではヘルパーがいなくても、家族と海へ出掛けるようになりました。

 やりたいことができるかどうか、1人で悩まずケアマネジャーに相談してみましょう。

 

(但馬長寿の郷 理学療法士)

(神戸新聞 平成29年7月1日版転載)