神戸新聞一覧

2017/07/04

尿漏れパッド 重ねて使うのはやめよう

 先日、左半身まひの夫を介護する80歳の女性にお会いしました。夫は高齢者用おむつと尿漏れパッドを使っていますが、ある時、就寝中に尿漏れしたため、パッドを3枚重ねで使っていたそうです。それでも尿漏れするため、女性は夜中もおむつ交換に起きなければならず困っていました。

 実はパッドを重ねると、尿漏れしやすくなります。パッドは肌に触れる内側が「吸水面」、外側が「防水面」になっており、いくら重ねても吸収量は増えません。かえって体とパッドの間にすき間ができる原因となります。

 冒頭の女性にも、吸収量が多くて広範囲を覆う形状のパッドを1枚だけ使うよう提案しました。最初は不安げでしたが、寝る前にパッドを交換してから尿漏れもなく、夫婦共に朝まで眠れたそうです。夫も「ごわごわせず違和感がなくなった」と喜んでいました。

 おむつとパッドを使って尿漏れを経験すると、パッドを重ねてしまいがちです。しかし、パッドの吸水機能を生かすには、正しい使い方を守ることが大切です。尿漏れなどでお困りの方は、但馬長寿の郷内の福祉用具展示場「すこやかセンター」にお越しください。

 

(但馬長寿の郷 理学療法士)

(神戸新聞 平成29年5月20日版転載)