神戸新聞一覧

2015/11/24

退院後の生活 体力回復に体操の継続を

 先日、膝を手術した80代女性を訪問しました。病院で十分なリハビリをして退院されましたが、家では大事を取り安静にしていたそうです。しかしそれが習慣化して運動不足になり、気付けば歩きづらくなってしまったということでした。
 術後の経過は良好で、女性の膝に問題はありません。生活も自立しています。それだけに、このままの生活を続けるわけにはいきませんでした。
 そこで、家でできる体操を提案したところ、女性が引き出しの奥から紙を取り出してきました。「そう言えば退院するとき、体操の紙をもらったわ」。退院後、一人でもできる体操がイラスト付きで書かれていました。
 実は、退院後の暮らしぶりは入院中のリハビリ以上に大切です。回復したとはいえ、退院直後はそれまでに比べると体力は衰えています。家庭でも引き続き体操などに取り組み、「体力の回復」を図る必要があります。
 重要なのは、退院時に医師らの指導をしっかり受けることです。「どれくらい動いてもよいのか。注意することはないか」などを確かめた上で、早く元の生活に戻ることを目指し、できることを始めましょう。

(但馬長寿の郷 理学療法士)
(神戸新聞 平成27年9月5日版転載)